ようこそいらっしゃいませ。奈良と酒と芸術とその他モロモロを愛するお気楽者のすまいです。いつでもお気軽にの~んびりしに来てください。

  いにしへ長屋のナビゲーター   トップページ > 2010年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の桜、開花情報

2010 - 03/29 [Mon] - 16:00

まだまだ寒い日も続きますが、桜の季節になって参りました。
奈良公園には、いろんな種類の桜が植わっているので、3月末から5月初旬までいろんな桜が楽しめます

↓詳しい情報は、こちらのページをどうぞ!
奈良公園 桜情報 2010

先週、八分咲きくらいだった氷室神社の大しだれ桜。
満開だという話です。
0320氷室
こちらは、先週3月20日の状態

イトーヨーカドー(奈良ロフト)の帰りに佐保川沿いを経由しましたが、
佐保川桜は、一分~八分咲きまでさまざま。
JRの線路より南は、比較的早めで、五分~八分咲き。
JRの線路より北は、まだ、一分~五分咲き。
一番大きな「川路桜」は、五分咲きくらい。
見ごろは、来週以降でしょうか。

大仏鉄道記念公園の桜は、よい感じになってました。
0327大仏鉄道
3月27日の夜の状態。真っ暗だったのにデジカメだと少し明るいですね、不思議。

もう少し暖かくなってから、の~んびりお花見したいですねぇ

スポンサーサイト

ほんとに出来てました・・・!

2010 - 03/27 [Sat] - 20:31

奈良ロフト

奈良ロフト

オープンしたことを全く知らず、
たまたまオープンの日(3月13日)に立ち寄った花屋さんで、
ロフトの袋(大阪で買った)を持っていたら、
「奈良ロフト、今日オープンですよね!」って言われて、
「え~?!本当ですか?!どこに??」
・・・ということでゲットした情報でした。

イトーヨーカドーの1階に、本当にLoftがありました!!
そして、ちゃんと、ほぼ日手帳、も置いてありました。
スバラシィ~!!

アクセスは少々不便ですが、
ワンフロアで見やすいし、
都会のロフトより混雑してないし、
よい感じでした。

となりのフードコートで讃岐うどんも食べれるし。
ということで、久々に、はなまるうどん食べました

本当にありがとうございました

2010 - 03/23 [Tue] - 17:56

昨日、奈良県立図書情報館での早春コンサートが無事終了しました。

※当日の様子は ⇒ コチラ

お忙しい中、聞きに来てくださった皆様、
メッセージをくださった皆様、
図書情報館のスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

つぼみ膨らむ佐保川の桜は、まだ一分咲き程度でしたが、
良いお天気、素敵な空間、素敵なスタッフの方々、たくさんのお客様に恵まれて、
充実した幸せなコンサートをさせていただくことができました。

やはり、アメリカ全楽章とブラームス六重奏という大曲と、
2年間の集大成という重圧ゆえか、
前夜は、珍しく緊張して、なかなか寝付けず、
コンサートで演奏する曲を聴いていたら更に目が冴え、
眠れたと思ったら、追い詰められたり追いかけられる夢ばかり見て…
演奏会前にこんなに緊張したのは本当に久しぶりのことでした!

その割には、当日の朝ぎりぎりに演奏用の衣装を探し回っていたり、
MCはぶっつけ本番だったり…相変わらずの状況

コンサート直前の控え室では、チューニング時に弦がゆるみ、
直していたら時間が無くなって、舞台袖で焦って松やにを塗り、
緊張の上に更に動揺
前半は、しれっとMCをしながらも、足はガクガクでした。

そんな緊張の中でも、気心のしれたメンバーとの演奏を楽しむことができ、
多くの方に聞いていただけて、本当に幸せでした。

一夜明けた今日は、燃え尽き、抜け殻状態ながら、
楽器をもっともっと弾きたい!!という想いや、
2年間一緒にカルテットをやってきた私以外のメンバーは、
明日、大学院の修了式を迎え、それぞれ奈良から旅立ってしまう…
という、ちょっと寂しい想いや、
本当にたくさんのお客様に聞いていただけた喜びや、
いろんないろんな想いが交錯して、
寂しいけど、こらからますます色んなことをがんばろう!と
力強く思える、不思議な感じです。

音楽のエネルギー、アンサンブルのパワー
これからも大切にしていきたいです。

続きを読む »

早春の卒業記念コンサート♪

2010 - 03/16 [Tue] - 17:47

約2年間、一緒に弦楽四重奏(カルテット あをによし)をやってきた仲間たちが、この春、大学院を修了し、奈良から旅立ちます。

記念として、学生生活最後にコンサートをやりたいと思っていたところ、
ご縁に恵まれ、3月22日(月・祝)奈良県立図書情報館演奏をさせていただくことになりました。
関係者の皆様、音楽の神様、本当にありがとうございます。

今回は、卒業記念として、「アメリカ」全楽章と、ブラームス六重奏に、初挑戦です!!
みんなで一丸となって、一生懸命、そして楽しく音楽を奏で、聞きに来てくださった皆様にも楽しんでいただければ幸せです。
お時間の都合がつくようでしたら、ぜひぜひ、聞きにいらしてください。
よろしくお願いします。

入場は無料ですが、申込制となっておりますので、お手数ですが下記をご参照のうえ、お申込みください。
ご来場お待ちしております。


日時: 平成22年3月22日(月・祝) 14:00~15:00(開場 13:00)

会場: 奈良県立図書情報館 2階 メインエントランスホール(☆⇒アクセス

演奏: カルテット あをによし と その仲間たち

曲目:
    モーツァルト / アイネ・クライネ・ナハトムジークより
    バッハ / G線上のアリア
    パッヘルベル / カノン
    ブラームス / 弦楽六重奏第一番より
    ドヴォルザーク / 弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」
    (※曲目及び曲順は予告なく変更される場合があります。)

定員: 200名(申込み制、先着順)、入場無料

申込締切: 3月20日(土)必着(定員になり次第締め切ります。)

申込方法: Webページ「申込みフォーム」に必要事項をご記入ください。
往復はがき、 FAX、メール、来館(2階貸出・返却カウンター)による申込みもできます。
 ※お電話ではお申込みいただけません。また、未就学児童の入場はご遠慮ください。
 ※1通に付き、2名様までのお申込みとします。
  (2名申込みの場合は、必ず「2名参加」と明記してください。)
 ※ ①郵便番号・住所 ②氏名 ③連絡先電話番号
  (FAXでのお申込みの場合は、必ずFAX番号も)を記入し、
  「早春コンサート参加希望」と明記してください。
   また、往復はがきでお申込みの場合は、
   返信にも送付先の郵便番号、住所、氏名を必ず記入してください。

申込先: 奈良県立図書情報館
     〒630-8135 奈良市大安寺西1丁目1000番地
      FAX: 0742-34-2777
      E-mail: info@library.pref.nara.jp

            

いと素晴らしき空間デザイン ~興福寺国宝館~

2010 - 03/09 [Tue] - 12:48

東京と福岡巡業でますます有名になられた阿修羅像も安置されている、興福寺国宝館。
約一ヵ月間の改装工事が終わり、2010年3月1日より、リニューアルオープンされました。

いや、実のところ、改装前は、どのようにリニューアルされるかという情報もなく、大して期待はしていなかったのですが、どうやら阿修羅像が「露出展示」されているらしいというので、早速、見に行ってきました。

阿修羅、安息の地に 興福寺国宝館、改装終わり拝観再開(asahi.com)

いやいや、ひとことで言うと、とても素晴らしかったです!!
一目見て、これはプロの空間デザイナーによる仕事だわ~と、はっきりわかる状態でした。

もちろん、国宝や重要文化財を多数有する所蔵品の数々は、元々素晴らしいのですが、
それぞれの魅力を十二分に引き出す 空間デザイン、そして、照明
かっこいい、という表現は仏様には失礼かもしれませんが、とにかく素敵でした。

以前は、少し倉庫的な雰囲気も漂って、寒々しかった館内ですが、
生まれ変わった素晴らしき空間美に、
またまた、ヤラレマシタ

背面の色やアーチ、飛天や化仏の配し方、そしてライティング、
すべてが素晴らしく、
中央の千手観音様の存在感も増し、
お堂の中にいるような、とても心地よい空間へと生まれ変わっていました。

本来の表情を - 素材に合わせ照明工夫【興福寺国宝館リニューアル】(奈良新聞)

昨年の「国宝 阿修羅展」や特別公開「お堂でみる阿修羅」も担当した空間デザイナー・池田英雄さんが担当されたそうです。

いや、実のところ、個人的には、「お堂で見る阿修羅」展よりも現在の国宝館のほうが、数段好みです。
さしずめ、「大興福寺展」が常設展示になっているような、贅沢な空間。

ぜひ、皆さまも新しくなった国宝館、お参りくださいませ。

(おまけ)
・初めて見る所蔵品もいくつかお目見えしていました。
・気のせいか、館内が前より暖かく感じました。空調も変わったのでしょうか?
・綺麗なお手洗いが設置されたのも、非常にありがたいですね。可愛いガーベラの花も飾られていました。

奈良の春を運ぶ

2010 - 03/05 [Fri] - 17:40

今朝、友人がスペインへ旅立ちました

奈良から海外へ発信 - 「日本文化研究会なら」発足(奈良新聞)

スペインのトレド市での文化交流会のため。
現地で、書道・歌・三味線・笙・日本舞踊や、お茶などの日本文化を紹介するそうです。
ご縁があって、私も誘っていただいたのですが、今回は参加できず。
ご縁があって、今朝、少しだけお見送りすることができました。

10数名のご一行、着物や楽器やパンフレットや茶器などなど、重い荷物をたくさん抱えて、飛行機の重量制限を心配しつつ、無事にスペインへ旅立たれたようです。

文化交流会は、明後日7日。
スタッフ、出演者、一人ひとりの力が合わさった手作り交流会。
お土産話を楽しみに、遠い日本の空の下から、ご成功をお祈りしています

がんばれ!!

ほぼ日生活始めました

2010 - 03/02 [Tue] - 15:07

ほぼ日刊イトイ新聞
略して、「ほぼ日(ほぼにち)」

コピーライターの糸井重里さんが主宰しているページです。
前々から知っていたし(最初に見たのは確か…随分前に兄の名前を検索してヒット。最初は、読み方がわからず、「ほぼび」って何??て感じでしたが)、興味が無いわけではなかったのですが、意識して読んだりすることはしていませんでした。

同じく、ほぼ日の有名アイテム
ほぼ日手帳
これも、数年前から気になっていたのですが、買うまでに至らず。
ちなみに、今使っている手帳を買いに行ったのは10月か11月頃で、「ほぼ日手帳」は、まだ発売前でした。

それが一昨日、ひょんなことから、ほぼ日手帳を購入。
全く予定もなかったのに、まさに衝動買い。
そして昨日、3月1日から使い始めました!(4月始まりですが3月ページも付いている)
後で見ると、ネットの「ほぼ日ストア」で買ったほうが、特典付きで、ちょこっと安かったけど、まぁ、実物を眺めないと決断できませんから、初回は仕方なしです。

それに合わせて、『ほぼ日刊イトイ新聞』も読み始めました。
知りませんでしたが、トップページの「今日のダーリン」という文章は、バックナンバーは無く、毎日上書き更新されているそうです。
これには、なんだか感動というか目からうろこというか、
なんと表現してよいかわかりませんが・・・

ヤラレマシタ。

そういえば、当たり前だけど、話し言葉だって、どんどん消えていくわけです。
でも、大切なものは、自分の心の中に残っていくわけです。
必要以上に、モノに縛られない、囚われない、ということは、素敵だと思いました。

ほぼ日手帳、イロイロ書き込んで、楽しく使っていきたいと思います

 | HOME | 

プロフィール

JunKo

Author:JunKo
2012年6月20日より

KAMOSHI Bar
『いにしへ長屋』

はじめました。

奈良市南市町18-5
電話:0742-27-2830

2016年12月14日から
都合により
<<臨時休業中>>


近況は、
ブログ,facebook,Twitter
などご覧ください。

☆行き方

☆ご利用案内

元祖『いにしへ長屋』は
コチラ☆
http://blog.inishie-nagaya.jp/

つぶやき

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。