ようこそいらっしゃいませ。奈良と酒と芸術とその他モロモロを愛するお気楽者のすまいです。いつでもお気軽にの~んびりしに来てください。

  いにしへ長屋のナビゲーター   トップページ > 2007年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉

2007 - 11/28 [Wed] - 22:24

昨日と今日、1泊2日で温泉に行ってきました(ビジネスマンの皆様、平日なのにすいません…)

和歌山県の白浜温泉

古く万葉の時代から多くの天皇たちが行幸(みゆき)された場所だそうで、白浜、有馬、道後が日本三古湯なんだそうです(全然知らなかった)

源泉かけ流しで湯温も高く、たっぷりのお湯でほっこり。
お天気はあいにくの曇り空でしたが、海の見えるお部屋でゆっくりお食事。
そして夜11時頃には爆睡しておりました(12時前に寝るなんてかなり珍しいこと!)。

今月は11月17日~18日にも、花街の芸能文化を愉しむツアーで金沢方面に出かけ、温泉付きのお宿に泊まってきました。

ひと月に温泉2回って、贅沢すぎます。身の程知らずですね・・・稼がねば

でも幸せ・・・

スポンサーサイト

ゾロ目

2007 - 11/11 [Sun] - 11:11

昔からぞろ目が好きです。
上から読んでも下から読んでも同じとか左右対称とかも好き。
そういうものを見かけると、とっさに指摘してしまいます。

昨今は、時計替わりの携帯電話がデジタル表示のため、
ぞろ目に遭遇する機会が増え、いちいち口に出して指摘する
頻度は減ったかもしれません。

しかし、心の中では日に何度も
(やった、ぞろ目!ラッキ~
となっています。

さらに、ぞろ目の時に3回願いごとを唱えると願いが叶う、
というのを聞いてからは、その度ごとに日に何度も唱えてます。
ああ、忙しい

ということで、11月11日11時11分11秒なのでした。
(予約投稿、うまくいくかな…)

秋の燈花会

2007 - 11/11 [Sun] - 01:11

秋の燈花会1 秋の燈花会3 秋の燈花会2 秋の燈花会4

正倉院展期間中の11月9日(金)と10日(土)の2日間、奈良国立博物館前で燈花会が行われました。時間は17時~19時半と、通常よりも短め。

本日(10日)観に行ってきました。
すっかり奈良の夏の風物詩となった燈花会ですが、涼しい季節のほの灯りもまたよいものです。

さて、通常の燈花会ですが、来年の開催予定日は、8月5日~14日だそうです。
まだ見たことのない方は、ぜひ夏の奈良にもお越しくださいませ。

地下の正倉院展

2007 - 11/07 [Wed] - 13:34

奈良国立博物館にて開催中の『第59回 正倉院展』
来週の月曜日(11月12日)で終了です。
正倉院展って2週間ちょっとで終わってしまうんですよね。
宝物の保存上、出展品も毎年違うし、短い会期もしかたなしです。

もう一つの正倉院展
平城宮跡資料館で開催中の『地下の正倉院展』
こちらは、12日以降も開催してます。

かたや、正倉の宝庫で大切に保存された宝物たち、
かたや、ゴミ捨て穴(SK820)で1000年以上空気に触れることなく保存された木簡のゴミたち。
それがいまやお宝となって、こちらも2週間ごとに展示替えされています。
展示スペースは、さほど広くないので、5分ほどでさっと見れますよ

平城宮跡には、資料館を含めて5つの施設があります(ご参考⇒MAP)。
いずれも入場料・駐車料無料。
お天気のよい日にお散歩がてら、いにしへの都(の上)をお散歩なんて贅沢です。
でも、結構距離はありますので運動不足の方はご無理なさらぬように・・・

 平城宮跡資料館
 遺構展示館(発掘された遺構をそのまんま展示)
 朱雀門(復原施設。映画「陰陽師」の撮影にも使われました)
 東院庭園(復原施設)
 第一次大極殿復原工事一般公開施設(大極殿の復原工事の説明。ここから望む朱雀門も素敵)

古代ロマン好きの方は、「資料館」「遺構展示館」
古代建築好きの方は、「資料館」「第一次大極殿復原工事一般公開施設」「朱雀門」「東院庭園」
のんびりしたい方は、「東院庭園」&平城宮跡散策

などなど、、、地味だけど、、、いにしへ好きならいろいろ楽しめます・・・きっと、、、たぶん

お写経

2007 - 11/05 [Mon] - 13:31

先週の月曜日(10月29日)から3日間、高知から友人が来奈良してくれました。
って、もう1週間も経っている!ああ、時間の過ぎるのの早いこと

今年の3月、東大寺修二会(お水取り)の頃に知り合った友。
5月には私も高知に行かせていただいたりして、年齢も歩んできた道のりも、住んでいるところも違えど、共通の世界を共有できる人間の縁(えにし)、ほんまに不思議で素敵です。

友人の今回の旅の目的は、法隆寺・薬師寺・興福寺・正倉院展、、、そんな感じ。
この日の夜は、西ノ京のカフェで七輪パーティーに参加することになっていたので、その前に薬師寺へ。
西ノ京の駅を降り、そのまま直進して「お写経道場」へ。友人は初めて、私は今年の8月に続き2回目の薬師寺でのお写経。

薬師寺では、白鳳伽藍の復興のためにお写経を通じて勧進(寄付を募ること)をされていて、納めたお写経は永代供養されます。また、勧進というと、よく見かけるのが「屋根瓦」ですが、これも薬師寺では、般若心経の中の一文字を瓦に記すようになっています。
単にお金を寄付するのではなく、自らが書き写したお経を納めることが伽藍の復興につながるというのは、とても意味のあること、ありがたいことだと共感します。

ちなみに、お写経の際には当日の拝観券がいただけます。また後日、納経のご報告と参拝券が送られてきますし、法要のご案内なども随時送られてきて、1回のお写経でこんなに・・・という感じです。

  かたよらないこころ  こだわらないこころ  とらわれないこころ

   ひろく ひろく     もっと ひろく

  これが般若心経    空(くう)のこころなり


私の好きな言葉の一つです。


☆ちょっと話はそれますが・・・

続きを読む »

めんぱち

2007 - 11/03 [Sat] - 21:02

メンデルスゾーン作曲「弦楽八重奏曲」

本日、初めて本番で第一楽章を演奏しました。
本番というても、イトーヨーカドーのイベントスペース、結構ざわざわした場所。ですが、いちおう舞台上で。

この曲を初めて聴いたのは、確か大学オーケストラ(注:リアル大学生の頃ね)の夏合宿。弦楽器経験者の面々が颯爽と演奏する姿に見惚れていた記憶があります。
初心者の自分は、到底そこに入ることはできない、まさに憧れの情景でした。

いつかやってみたい憧れの曲のうちの1つだったメン8。現在所属している大学オーケストラ(注:私はエセ女子大生ですが…)の友人が声をかけてくれてメンバーが集まり練習開始、そしてよいタイミングで本番の機会を得られました。

演奏上の問題点も満載、会場の音響も(T_T)でしたが、みんなで演奏することができて幸せでした。
女子大生たちは「みんなでメンパチ演奏できるのもこれで最後だろうね…」としみじみしてましたが、私にとっては「これが初めて」で感慨深かったです。

夢は持ち続ければ叶う、とか
成功するまでやれば必ず成功する、とか
そんな慣用句の意味が実感できる年頃になって参りました。
しみじみ…

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

JunKo

Author:JunKo
2012年6月20日より

KAMOSHI Bar
『いにしへ長屋』

はじめました。

奈良市南市町18-5
電話:0742-27-2830

2016年12月14日から
都合により
<<臨時休業中>>


近況は、
ブログ,facebook,Twitter
などご覧ください。

☆行き方

☆ご利用案内

元祖『いにしへ長屋』は
コチラ☆
http://blog.inishie-nagaya.jp/

つぶやき

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。