ようこそいらっしゃいませ。奈良と酒と芸術とその他モロモロを愛するお気楽者のすまいです。いつでもお気軽にの~んびりしに来てください。

  いにしへ長屋のナビゲーター   トップページ > 旅  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ過ぎた…

2012 - 02/18 [Sat] - 22:02

せっかくなので、夕食はちょっとでもこの地方らしいものを…
と思って、ホテル近所のお蕎麦屋さんへ。
日が落ちると流石に寒いですなぁ~

佐久の草笛

鯉のあらいか、うま煮を食べようと思っていたのに品切れだったため、しゃーなしに
鯉のからあげ(左上)
はずみでたらの芽も(右上)

しまった…油物二点だよ

ホテルに戻ってから、しばらく胃が重くて動けず、ベッドの上で朦朧としておりました(^^;;
やっと消化してきたので、そろそろ風呂に行こうかな


長さ10cmほどの伝票3枚にのびのびと大きな字で書かれたオーダー。
なぜかセロハンテープでつなげられてました。
なんだかほのぼの

小さな字だと見えないんだね、きっと

スポンサーサイト

本店と長屋

2010 - 05/20 [Thu] - 02:48

先日、名古屋で、名物の味噌煮込みうどんを食しました。

はる~か昔、大阪の堂島でOL(いちおう…)をやっていた頃、
ドーチカの今は無きお店で、時折、お昼に味噌煮込みうどんを食べたりしていたのですが、
よく考えると、本場名古屋で味噌煮込みうどんを食べたのは初めてだったかも…。

名古屋の友人からは、関西人には、「味が濃い」「麺がかたい・粉っぽい」って、
嫌がられるから、やめといたほうが良いのでは…と心配されながら、
「浜松にいるときに八丁味噌食べてたし」「長浜ラーメンも粉っぽいけど好きだし」
「ほうとうも好きだし」などと、説得して(なんで名古屋人を説得??)

山本屋本店という味噌煮込みうどん専門店に連れていってもらいました。

いやぁ~美味しかった!!
麺のかたさも気にならないし(やはり、うどんというよりは、だんご汁とかほうとうっぽいですけどね)、だしも美味しいし!
一玉半にすればよかった…と、少し後悔しつつ(でもライスはたのみましたよ)
とても美味しくて気に入ったので、持ち帰り用の生麺(「かつお」だし袋&「あじ味噌」付き)を買って帰りました。

さて、どちらがプロの手によるものでしょう(一目瞭然ですが…)
山本屋本店 長屋
店舗では1260円(だったかな、確か…)、持ち帰り用は525円。価格的には、持ち帰りが断然オトクですね(^^;

でも、家で作っても美味しくて、うれしかったです!ビールとも相性バッチリ
〆は、やはりぞうすい(^^)こちらもうまし。

なぜ、今まで名古屋で味噌煮込みうどん食べてなかったんだろう、と
ちょっと惜しい気分です。
名古屋のカレーうどんも、まだ未体験なのですが、やはりなんでも、実際に行ったり見たり食べたりしてみないとわからないですねぇ。
もちろん、好みには個人差がありますので、ぜひみなさまも実際にお試しくださいませ。

今日も、いにしへ長屋にお越しくださいまして、ありがとうございます。
余談ですが、「山本屋」というお店は2種類あるらしいです。
今日、ネットで調べていて知りました。

南国

2009 - 06/03 [Wed] - 19:15

5/31(日)~6/2(火)、友人を訪ねて、高知に行ってきました。
一昨年のゴールデンウィーク以来、2回目の高知。

今回は、奈良から4名&名古屋から1名の総勢5名。

雄大な太平洋 南国の暑い日差し
恵まれた山と川 美味しい海の幸・山の幸
そして、ラテン系のおおらかで暖かい人々

観光名所をめぐる旅もよいですが、
地元の人々と触れ合える旅は、また格別の幸せ

南国高知は本当に良いところです

また行けると良いなぁ

 | HOME | 

プロフィール

JunKo

Author:JunKo
2012年6月20日より

KAMOSHI Bar
『いにしへ長屋』

はじめました。

奈良市南市町18-5
電話:0742-27-2830

2016年12月14日から
都合により
<<臨時休業中>>


近況は、
ブログ,facebook,Twitter
などご覧ください。

☆行き方

☆ご利用案内

元祖『いにしへ長屋』は
コチラ☆
http://blog.inishie-nagaya.jp/

つぶやき

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。